CONTENTS

「ここは本当に、首都?」  飛田 直子 

「カンボジア日記」   江崎 節子

ポル・ポトの「共産主義」とは何だったのか
 今から20年前に・・・・カンボジアで実際におきたこと 澤 摩夜

「ここは本当に、首都?」 
          飛田 直子    
「ここは本当に、首都?」っというのが、私のプノンペンの最初の印象でした。高いビルは全然見あたらず、道路もメイン通りからちょっとそれると、赤土の埃りっぽいでこぼこ道。

 カンボジアでの15日間に、貴重な新しい経験をし、たくさんの刺激と影響を受けました。ポルポトの大虐殺場や拷問所の見学、エイズ患者の方々の訪問、地雷で手足を失った方々、凄まじい悪臭と煙ったゴミの山、そこでゴミをあさる人々、スラム街の家々とそこで暮らす人々、そして巨大な世界遺産アンコールワット。夜中、鳴きまくるイモリたち。もっと頑張って蚊を食べてほしかった。何度かけても繋がらなかった電話回線。はりきってたくさん書いたのに、ほとんど届かなかったエアメール。どこへ行っちゃったんだろお。

 一晩だけ大発生したコオロギたち。次の日の朝たいていは死んじゃっていて、ほうきではかれていた。何だったんだろう。ちっちゃいのにたくましいありんこたち。虫の死骸やお菓子には一目散にやってきた姿に、感心と感動。けど、朝起きたら私の歯ブラシにたかっていたときには・・・さすがに腹が立った。歯ブラシはちゃんと手でこすってきれいに洗わないと・・・。そして22年間の人生で一番重傷のおなかぴーぴー。トイレの床にうずくまった。今思うと・・・汚い。でもあの時は必死だった。あの正露丸もカンボジア版ぴーぴー菌にはかなわなかった。

 そんなカンボジアに行って一番嬉しかったのは、たくさんの人との関わりです。訪問した先々で関わったカンボジアの人々、遠慮深くって恥ずかしがりやの生徒達、無邪気な幼稚園の先生、一緒に生活した何カ国ものシスター方。そして、一緒に行った澤さんとせっちゃん。

屋台でトウモロコシを買ったとき、「ポルポト時代に虐殺され

た人の死体が肥料になってできたトウモロコシかもなあ」っておもいながら食べたという澤さん。「あの時そんなこと考えて食べていたの?」ってあとで聞いてかなりビックリ。おいしかったのに・・・。けど、ポルポトの拷問場に行って、こわくなって一人で眠れなくなった私は、澤さんの部屋へベットを引っ越し。お陰で毎日、安眠でした。毎晩、おじゃましました。

村の畑へ行ったとき、「地雷があるかも・・・」って私を先頭にして、私の踏んだ所だけをたどってきたせっちゃん。そんなに近くに追ってきたら、私が踏んだ地雷で一緒に吹っ飛んじゃうよ。ホテルに泊まったときは、いつも同じ部屋、修学旅行みたいで、ずっと笑いっぱなしでした。出会ってまだ2年のせっちゃんと、あんな風にカンボジアで一緒に生活するなんてとっても不思議で、けど何だかとっても嬉しい気がしました。一緒に行けて、ほんとに楽しかったです。何気ない優しさや気遣いが、私は本気で嬉しかったです。澤さんとせっちゃんに頼りっぱなしの私でしたが・・・、きっとまた一緒に行こうね。そして、本当にありがとうございました。

そして、VIDESと言う組織があったからこそ行くことのできたカンボジアです。VIDESに心から感謝です。私は4月から社会人です。これまでのように海外へ行くチャンスは減ってしまうかもしれません。でも、新しい立場で私ができることをまた、探していきます。機会があったら是非またカンボジアに行きたいです。今度はもっともっと英語を勉強して・・・。

 

 


2月5日(土)
 今日からカンボジアボランティア。ドキドキワクワク!!!高木さんのバスで星美へ。稲川シスターの体調が悪いと聞き、心の中で「やっぱりね。」と思う。でも神様はシスターに休める時間を提供してくださったのだと感謝した。私たちは私たちでしっかりとがんばろうと心に誓い、あとは神様にはおまかせすることにした。

2月6日(日)
プノンペン国際空港に着く。シスター2人が笑顔で出迎えてくれた。いよいよ、始まった。プノンペン市内は本当に田舎で、テレビで見たとおりの感じがした。3人乗りでバイクに乗ったお兄さんたちや、「おいおい、そんなに乗っていいのか〜。というくらい人の乗った車が行き交い、自転車に荷車みたいなのをつけた乗り物?が走っていた。ドンボスコスクールまでは10分の道のりだった。

 ドンボスコスクールに到着するとバレーボールをしていた女の子たちが走り寄ってきて、歌を歌ってくれた。祝福の歌らしい。私は感動と嬉しさで舞い上がっていた。一緒に手拍子をしたり、手話みたいな振りをしたりした。英語で話しかけたが通じなかった。名前は覚えてもらった。うれしかった。澤さんはイタリア語

で、直ちゃんは流ちょうな英語でシスター方とお話をしていた。シスターはお菓子や、飲み物を準備してくれた。氷には気をつけろと言われていたのに、シスターはジュースに氷をいれてくれ、ちょっと戸惑ったがおいしそうな炭酸にひかれてゴクゴク飲んだ。でも、大丈夫そうだった。それから学園内を案内してもらった。日本とは全く違った環境に、興味をもった。子供はやはりどこの国でもすごくかわいかった
2月7日(月)
 朝5時に目覚める。蚊にもやられず本当に快適だった。でも少し睡眠不足。6時のお祈り、6時20分からのミサにでる。変な虫がうろちょろしていたが何とかクリアーした。7時。外は専門学校の生徒が半袖のブラウス、ロングスカートの制服に身を包み、お掃除をしている。キンダーガーデンではもう子供たちの声がする。早く行ってみたい!!朝食後キンダーガーデンに行く。子供たちは朝食を食べられない子供もいるので、朝おやつがでる。かっぱえびせんや、スナックなどをぼろぼろこぼしながらおいしそうに食べている。(保育料が払えないと、マンゴーを持ってきたご父兄もいた。)子供たちは、私たちが近づくと遠巻きに見ている。しつこく近づいてゆくと「チュムリアップスォー。(あいさつ)」と両手を顔の前にあわせる。本当にかわいらしい。

怪しいものたちではないことがわかると、どんどん近づいてくる。勝手にビデオをさわったり、時計をさわったり、くすぐってきたりする。やっぱり子供はどの国も同じだと実感する。でも、日本の子供のようにふざけすぎる子供は一人もいない。8時30分。専門学校の生徒とキンダーガーデンの子供たちが集まって国旗の掲揚と国家の斉唱をする。その後、それぞれのクラスに入ってゆく。


 それから私たちと、台湾からのボランティア、シスターの5人でキリングフィールドに行く。車で送ってもらったが、途中道路が壊れていたのでバイクタクシーに乗る。シスターが気を使ってくれ、「お金は出さなくていいから。お金持ってるの見つかったら殺されるよ。」というようなことを英語でジョーク混じりに言っていたが、みんなのお金を預かっていた私は本気でおびえてしまった。首から下げた財布をベルトにしっかりとはさみ、初めてのバイクタクシーに乗る。でこぼこ道で怖かったが、おじさんたちは異常にバイクがうまかった。山あり、谷ありのでこぼこの、道のりをがんがんとばしていた。キリングフィールドに着く。97年98年のクーデターで一度入れない状態になっていたそうだが、今は大丈夫とのことだった。ここは名前のとおり、ポルポト時代の「殺しの丘」だった。おびただしい数の頭蓋骨。発見されただけでも9000近くにおよぶ。あちこちに大きな穴があり、そこに埋まっていたそうだ。
 シスターが以前いらしたときは、まだ骨が中に見えたそうだ。子供たちを木に打ちけて殺し、埋られた穴の前では本当にナーバスになった。あと、頭蓋骨のない遺体ばかりが埋められた穴など、本当に考えられない光景が広がっている。カンボジアの今の政権を握っているのはクメールルージュの人たちだとシスターは、こっそり教えてくれた。この国では政治の話はこっそりしなくてなならないようで、まだまだ手放して喜んでいられない状況のようだ。

2月8日(火)
 朝、ミサに起きる。朝が早いのが苦痛にならないのはどうしてなのか自分でも不思議なくらいだ。シスター方はとても明るくてはつらつとしている。食事はとても質素だ。
午前はサレジオ会の経営するテクニカルセンターに行き、午後はいよいよ教材指導。
 自己紹介をして、日本から持っていった聖母の騎士幼稚園のビデオを見る。先生方は、「何で遊んでばかりいるのか。」
「文字は誰が教えるのか。」「何でこんなに着替えるのか。」などを気にしていた。また、絵が飾ってあるのを見て、「子供達に絵を描かせるけれど飾る場所がないので飾れない。」とか、「そもそもそんな時間がない。」とも言っていた。たしかに朝7時前から子供達が来てお菓子を食べさせていたらそんな時間もないでしょ
うね〜。と思った。午後も3時半くらいまで子供達はいる。なかなか忙しい。質疑応答が終わり早速、折り紙の制作に入る。みんな器用で楽しみながらやってくれた。折り紙などの紙は手に入りにくいらしい。糊やハサミは先生しか持っていない。


そのあと、縄跳びをする。短縄は交差飛びのできた先生は12名中、2名。こんな感じなんだ。と思った。(日本の子供と同じ飛び方をしていたのには笑った。)長縄も大喜びだった。縄を蛇に見立てたところではさすが幼稚園の先生、一緒にのりのりでやってくれた。今後カンボジアの子供達に楽しんでもらえればいいな、と密かに期待している。

2月10日(木)
今日は江崎の教材指導最終日で、感動的に終わりを迎えた。
今日は日本の保育雑誌を与えて自由に制作してもらった。自由にというのが戸惑ったようだったが最終的にはみんなそれぞれおもしろい作品ができてよかった、よかったと言った感じだった。結局彼女たちは自分でやろうとする意欲に少し欠けているのかもしれない。何たって2ヶ月で保育者の免許の取れる国なのですから。みんなで作ったものを持ったりかぶったりして写真撮影をした。本当に伝えなければならないのはこんなことではないと思いながら、「まあ、出だしはこんな感じかな?」と次にくることを考えている私だった。
さて、講習後カードと写真をいただき、代表の先生からご挨拶をいただいた。違う環境の自分たちのために遠くから来てくれてありがとうと言った感じのあいさつだった。江崎はあとちょっとで泣いちゃいそうに感動したが、泣いたら変なのでおちゃらけてごまかした。

2月11日(金)
 今日は午前中、専門学校の生徒に日本の紹介とVIDES JAPANの説明会をした。みんな真剣

に聞いていて、とても驚いた。日本の紹介で、冬にスキーが盛んに行われることを話すと、彼女たちは雪もスキーも知らなかった。まあ、一年中暑

い国だからね。ここは。午後はこの学校に通ってくる子供達の家に訪問した。何処に行っても想像できないほど不衛生で、貧しい家ばかりだった。なにから手を着けて良いのか分からないほど貧しい。シスター方は、貧しい子供にお金を持たせ、教育を与え、食事を与えている。次の世代が良くなれば、次の次の世代はもっと良くなるという発想に深くうなずいた。各家には小さい妹や弟がいて、子供達だけで留守番をしている。もちろん昼食はなし。ほとんどの子供が一日一食。幼稚園に来る子供の中には幼稚園で出されるお給食(ご飯にスープをかけただけの)を楽しみにそれを目的で来る子供もいるようだ。
 さて全く話は違いますが、私たちの運転手さんのMr.ティーはちょっと私たちの間で人気者です。彼はポルポト時代の生き残りです。彼は家族を連れてベトナムに逃げたそうです。私たちは彼のことを親しみをこめて「プーティー」と呼んでいます。(プーは、お兄さんと言う意味だそうです。)彼はいつも穏やかで寡黙です。ありがとう、プーティー!!


     

2月14日(月)〜16日(水)
 今日から澤さんのお料理講習会が始まった。子供達は帽子とエプロンをつけて調理室に入ってきた。すごく緊張しているらしく表情が硬い。今日のメニューは(材料が思うようにそろわなかったがさすが澤さん、工夫してある物でメニューを構成)午前中は前菜と、ミネストローネとパスタ2種。前菜のプロシュートは生ハムを知らない彼女達にとって生肉にしか見えないらしく、非常に気持ち悪がっていた。ごっくんと飲み込んで「デリシャス」おい、おい、無理しなくていいんだよ。スープもチーズが苦手な彼女たちにとって、ちょっとデリシャスではなかったようだがトマトソースのパスタはかなり美味しかったようで爆食していた。ブロッコリーのリンガトーニは前に書いたような理由で急きょ、なすとなにやら葉っぱのリンガトーニになったが、それもお気に入りで食べていた。午後は、手打ちのパスタ。これも美味しかったようだ。最後にビスコッティを食べたが、あの彼女達がザワザワするくらいおいしかったようだ。よかった、よかった。
 夕食に澤さんの作ったパスタが2種並ぶと院長様を始めイタリア人のシスターは大喜び。シスター曰く、院長様があんな風に沢山食べたのはここに来てから始めてのことだそうだ。
 ところで、明日の天ぷらの材料のエビをマーケットに買いに行った。いろんな種類のエビがならんでいた。1Kg9ドルのエビを6ドルに負けさせ、無事購入。修道院ではエビは非常に高いので買わないそうだ。ん〜。そうかもね。
2日目はごはん、豚汁、ごまあえ、だしまき卵、酢の物、肉じゃが、てんぷらの7品。最終日はおすし、おすまし、そうめん、白玉、お好み焼きの5品。相変わらず子供達はみんなうれしそうに受


講している。すっかり日本語にもなれて、簡単な挨拶くらいならできるようになった。そして、爆食。いつもお腹がすいているのかな?とくにお好み焼きがおいしいと評判だった。午前中、授業の終わりに一人の生徒が泣き出してしまった。こちらもなんだかもらい泣きをしてしまいちょっと世界うるるん滞在記っぽくなった。
2月17日(木)
 午前中トゥールコックの専門学校にVIDES説明をしに行き午後は念願のウルセーマーケットに行った。(何とも面白い名前のマーケットで私たちは結構気になる存在のウルセーマーケットだった)すごく広くてあげると言われてもほしくない物ばかりが売っている。「あなた」と一斗缶に書いてあるクッキーは色々なところで売っていて私たちの笑いをとっていた。一斗缶一杯のクッキー(太子堂とかで売っているような動物ビスケット)は一缶$4。ものすごく安い。それを考えると、カンボジアクッキーの意味はVIDES JAPANのメンバーの意識向上が活動の重要な意味なのだと考えた。(日本から送った荷物を受け取るのに、シスター方の払うお金がひとつの箱につき$12。こちらでは一斗缶3つのクッキーが買えるのだから。)本当に色々なことを考えさせられた。

2月18日(金)
 朝、修道院を出発し飛行場へ。明日はいよいよ帰国。なんだか早かったのかゆっくりだったのか分からない感じの2週間だった。楽しかった3人の旅も終わりかと思うと寂しいような、ホッとするような複雑な心境だ。みんなに支えられてこの2週間を過ごせたこと、このような機会を与えられたことに心から感謝している。

 

 

 

 

 


 

ポル・ポトの「共産主義」とは何だったのか
 今から20年前に・・・・カンボジアで実際におきたこと     澤 摩夜
これを読んでいるあなた!名前だけでもポル・ポトという言葉を知っているでしょう。

 ルポト氏は本名をサロト・サルといい1928年(一説には'25年)農家の9人兄弟の8番目に生まれる。6才の時、プノンペンの宮廷に勤める兄の家に預けられ都会の空気を吸って育った。20才の時に政府の勤労学生留学制度の奨学金で宗主国フランスに留学、そこで共産主義運動に出会う。クメールルージュの要人達はそのほとんどがフランス留学時代からの仲間だった。

 国後、フランス語の教員をしながら地下活動を続け、1960年にベトナム主導のインドシナ共産党から独立したカンボジア共産党(後のクメールルージュ)を作りリーダーとなる。1975年にアメリカがベトナムから完全撤退すると共に、カンボジアのロンノル政権も崩壊しクメールルージュが政権を執った。
 ルポト氏が独裁的に目指したのは「人間の改造」であったといわれる。労働によって共産主義にふさわしい人間に変えるのにもっとも適した人々は、捨てるものがなにもなく知識もない貧乏で純粋な農民や底辺の労働者だ・・・・という理由で「先ず、全員を貧農にする」という政策を強行する。医師・教師・技術者などはブルジョワ思想に浸されたものとして弾圧、眼鏡をかけているだけで知識人とされ残虐に処刑されていった。また、通貨や市場を廃止、企業もすべてつぶされた。休日はなくなり、余暇はなくなり音楽や映画、恋愛も禁止。人々に許されたのは毎日朝から晩まで農作業や機械を使わない土木作業に携わって働くことだけだった。

 うしてポルポト氏が政権を執って2〜3ヶ月もしないうちに何十万人もの人が処刑され、餓えや病気で虫けらのように死んでいくことになる。


 暑い空気と埃の臭いがするプノンペンの中心街をドンボスコスクールの4輪駆動車で走りながら、私は子供の頃、祖母や両親から聞かされた戦後の日本を思い出していた。昭和33年の生まれで高度成長期育ちであるから戦後などは全く知らないが、観光客の集まる場所で自らの負傷した体を見せ物に金や物をせびる傷病兵、メコン川沿岸でやはり観光客あいてに靴磨きをする少年、アメ横のような市場で地面においたでこぼこのアルミの鍋から立ち上る「うどん」の湯気に集まる人々家族を養うため12才から15才で売春宿に売られる少女、2$の学費が払えない学生、裸の妹を抱き子守をする5才くらいの少女、貧しい途上国に来てくれた外国人というだけで、私たちと会うたび目を輝かすドンボスコスクールの少女達。彼女たちに登校拒否などという事は理解ができないだろう。

実習中、無心にノートを取りクメール語と英語で質問をしてくる。プノンペンには話に聞いた日本の戦後とそっくり同じ風景があった。

 長年に渡りベトナム派のフンセンと王室派のラナリットが選挙の度にもめて、クメールルージュの残党が加わる政権争いが続く国情のため、国内の経済は全く安定していない。しかし何故復興できないのか・・・

たしかに国の立地条件、赤道ラインに近く産物がない貧困国であり、国情は先に述べたとおりだがそればかりではないと思う。
日本は戦後の復興期にまったく内戦はなかった。それは単一民族であるということと、国の立地条件・・・島国であるから隣国の状況によって国情が変化することがない・・・ということが幸いした。
しかしなによりも、国を思うよりも、家族一丸の気持ちが強かったのではないかと思う。戦地でなくなった父のため生死も判らない兄のため家族が必死に頑張って○○家を盛りたてようとしたからではないか。ひとつにはそれが国の復興につながったのではないか。
ポルポトの短期であったが強引な原始共産主義化は家族制度を徹底的に否定し、男・女・老人・子供はそれぞれ各集団で生活をさせられ、特に子供に対しては親を思う気持ちや家族を脳裏から消し去る教育を植え付けた。


その結果、大人になった当時の子供達は家族を思う気持ちが欠如している。現地のシスター方もこの点を憂う。子供をドンボスコスクールに通わせるのでなくいわゆる口減らし的に考えている親が多く、そのため毎週金曜に生徒の家を3から4件づつ訪問する。指導したとおりの生活はできなくても、少なくとも向上する姿勢が見られるかどうか視察に行くのである。

料理教室でこんな事があった。前日、お椀や米を出しっぱなしにしたので、ネズミの糞がその中に混入し、それを驚きもせず指で払っている姿に、私たちはかなり驚愕し指導したのだが、生まれてからずっと川岸の床が隙間だらけの掘っ建て小屋にすむ彼女たちの衛生観念を、設備の整ったドンボスコスクールの家庭科室のみで、指導したところでそれはむりというもの。日本を引きずっていっては、第3国での本当の支援は難しいことをあらためて肝に銘じた。

表目には日本の家族は豊かであり、子供を思うあまりゆがんだ押しつけ教育まで発展する光景があちこちに広がる。しかし、日本の家族制度

 

も少子化・核家族化・地方過疎化・農村の後継者不足と危うい状況となっている。親を親とも思わない態度の子供や、子供の言いなりの親、日本の家族制度もある意味で危機といえよう。もちろんそんな家ばかりではないが・・・・・
 日本の復興も国民の意思と、また多くの外国の支援があってこそ着実になったのであり、その土壌で育った私たちはいま、豊かになった今、そのお返しをする時期に来ている。
「ティーチャー、カム、バック、アゲイン!!!」泣きそうな笑顔で、習ったばかりの英語で少女達は期待を込めて、別れの日私たちに叫んだ。講義の最終日に泣き崩れてしまった子、扇風機もない赤熱地獄の調理室でもくもくとノートをとる子、江崎先生の教えた「あやとり」を何度も何度も聞きに来る幼稚園の先生、バンコクの空港で撮った三人のプリクラを欲しいと直ちゃんに食い下がる子、そして厳しい環境下で元気に笑顔で働くシスター方、その姿にこの国の未来を信じて、赤紫色に染まる大地に心から祈り約束した。
来年は餅つき大会だよ!!!!